実証実験報告

本実証実験について

学習指導、生徒指導、特別支援教育など、近年はその個別対応が求められており、また2020年には「英語教育」「プログラミング教育」が必修化となるなど、現場の教職員における業務が増えているのが現実です。さらには2019年4月から「働き方改革関連法案」が順次施行され始めるなど、教育現場は業務改善なしでは進めない局面まで来ています。そこでラポールくしろでは、キャリア教育としての学校と地域を繋ぐコーディネート業務、さらにはプログラミング教育の教員研修など、 課題解決に向けて学校と地域で協働する活動を進めてきました。その中で、教職員における「取り組みたくても忙しくて取りかかれない」といった業務過多な状況が、今後も恒常的な課題になると考えています。そこで抜本的な解決に向け、 ICT を活用した業務効率化の提案の検討を始めました。


取り組みについての概要

実証実験の概要

<目的>

・地域が一体となった新しい地域学校協働活動チームの形成

・持続可能な校務の新しいモデルの構築および結果の普及

<実証校>

釧路市立鳥取西中学校、釧路市立鳥取西小学校

弟子屈町立川湯中学校、弟子屈町立川湯小学校 計4校

<kintone運用方法>

・あらかじめ3つのアプリを用意

(月別行事予定、お知らせ、ファイル管理)

・導入後は各校で必要に応じてアプリを作成

・ポータルレイアウトも自由に変更可能

・各学校に担当者を配置。サポートは担当者を通して株式会社ジョイゾーが担当

実証校1 弟子屈町立川湯中学校

実証校の活用事例発表①

実証校2 釧路市立鳥取西中学校

実証校の活用事例発表②

実証校3 釧路市立鳥取西小学校

実証校の活用事例発表③
パネルディスカッション
グループワーク

kintoneのポータル画面の改良

改善点1

実証実験の継続について

今年度の取り組み


10年先の社会を想像したことがありますか?
予測もつかないほどのAIやIoTの進化、人口減少、貧困の連鎖、経済格差、人材不足などなど。

今の子どもたちは、今はない職業に就いている割合が約半数ともいわれています。
だからこそ今、新しい教育の在り方、学校と地域との協働を本気で考えていかなければ、子どもたちが路頭に迷うことになります。

そのお手伝いをするのがラポールくしろです。
学校と地域、企業のニーズをマッチングさせ、コーディネートします。

キャリア教育やプログラミング教育の推進における出前授業や職場体験学習。
職場体験学習は、単に体験で終わることではなく、企業の課題に対して、子どもたちの目線でその解決方法を探ります。一歩先の活動を提案していきます。


2018年9月設立
一般社団法人学校地域協働センターラポールくしろ
代表理事 幸村 仁  理事 登藤 珠実  理事 四宮 琴絵

理事 相座 聖美   理事 原田 香苗  理事 麓  勝之

監事 中島 秀幸

Icon21

キャリア教育

学校と地域が協働し「生きて働く」教育プログラムを開発します​

Icon24

教育ICT

超スマート社会に役立つ、

新たな学びを提供します

Icon27

人財育成

学校と地域社会を結ぶ​

コーディネーター等を養成します

これからの時代を生き抜く力の育成

​ 平成30年6月、内閣府より新しい社会へと踏み出す「Society5.0」が提唱されました。

 これからの子どもたちには、厳しい挑戦の時代を乗り越え、高い志や意欲を持つ自立した人間として、他者と協働しながら未来を創り出し、課題を解決する力が求められています。子どもたちの生きる力は、学校だけで育まれるものではなく、家庭における教育はもちろんのこと、多様な人々と関わり、様々な経験を重ねていく中で育まれるものであり、地域社会とのつながりや信頼できる大人との多くの関わりを通して、子どもたちは心豊かにたくましく成長していくものです。
 地域住民や企業など様々な専門知識・能力を持った地域人材が関わることで、将来を生き抜く子どもたちに、実社会に裏打ちされた幅広い知識・能力を育成することができます。しかし現状は、教員の多忙化や学校の閉鎖性などから、地域住民や企業等の声が届き辛いという声も多く聞かれます。

 「ラポールくしろ」は、その現状を解決するために、学校と地域・企業つまり学校とマチをつなぎ、人と人(大人と子ども、教師と企業人など)をつなぐ役割として、新たな教育プログラム開発やコーディネーターの育成などを展開していきます。地域の教育力の向上は、地域の課題解決や地域振興、さらには、持続可能な地域社会の源となり、「生涯学習社会」の構築にも資すると考えます。 

学校に支援するということ

それは、企業にも「新たな活力」をもたらします

1.学校に出入りすることで社員のモチベーションが上がります

2.企業の歴史や課題等を整理するきっかけになります

3.社員の新たなスキルアップにつながります

4.社会貢献(CSR)としてイメージアップにつながります

5.先行投資による人材確保につながります

出前授業で講義する社員
ラポールくしろ2019活動報告(前期)
image-7303
Apr 29, 2020
ラポールくしろがが行なっている、教育環境におけるICT活用した校務モデル構築の実証実験報告会について掲載されました。出典:2020年3月3日 北海道新聞 夕刊
image-7171
Mar 04, 2020
ラポールくしろがが行なっている、教育環境におけるICT活用した校務モデル構築の実証実験報告会について掲載されました。出典:2020年2月26日 釧路新聞
image-7170
Feb 27, 2020
一般社団法人学校地域協働センターラポールくしろ(所在地:釧路市、代表:幸村仁、以下ラポールくしろ)は、上記において、「釧路管内の教育環境における IC...
image-6846
Feb 18, 2020
2020年2月29日(土)10:00から12:00に、くしろフィスにてラポールCafeを開催します。1:今年度の事業報告2:ラポールくしろのこれからやろう...
image-6598
Jan 14, 2020
2019年9月25日の北海道新聞地域の話題に、代表理事の幸村について取材いただきました。出典:2019年9月25日 北海道新聞
image-5981
Sep 25, 2019

イベント開催予定

 当法人は、会員様のご支援によって運営しています。

みなさんの支援の数だけ、子どもたちの夢が広がります。ぜひご賛同ください。

サポート会員登録は、下記「会員登録はこちらから」よりお願いします。

 年会費は、下記の当法人口座へお振込みください。なお、振込手数料はご負担ください。​

【振込先】  釧路信用組合 桂木支店  普通 2036091 

       一般社団法人学校地域協働センターラポールくしろ


※正会員・賛助会員参画メリット
 ・当法人公式HPや定期発行予定の広報誌等への社名やロゴ、企業情報等の掲載

 ・ご要望に応じて、優先的に学校とのマッチングを提案させていただきます

  (出前授業や職業体験学習等)

【正 会 員】 1口10万円 ・当法人の目的に賛同する個人または団体
【賛助会員】 1口1万円 ・当法人の事業に賛同する個人または団体
【一般会員】 2千円 ・当法人の活動に協力する個人 
【教員会員】 2千円 ・当法人の活動に協力する現職教職員 
【特別会員】 行政機関、公共団体等公的機関
合同会社 Hokkaido Design Code
釧路ITクラスター推進協会
kanko
株式会社うつくしろ
日本体育大学
株式会社FMくしろ

お問い合わせ

〒085-0014 北海道釧路市末広町11丁目1-10 クローバービル2階

電 話 070-1592-8049

メール info@rapport.kushiro.jp​

ラポールくしろがが行なっている、教育環境におけるICT活用した校務モデル構築の実証実験報告会について掲載されました。出典:2020年2月26日 釧路新聞
image-7170
Feb 27, 2020
2019年9月25日の北海道新聞地域の話題に、代表理事の幸村について取材いただきました。出典:2019年9月25日 北海道新聞
image-5981
Sep 25, 2019
2019.5.15 北海道新聞に掲載されました。
image-4932
May 16, 2019
​昨日のラポールカフェの様子が、釧路新聞に掲載されております。出典:2019年2月4日 釧路新聞
image-4138
Feb 04, 2019